<< July 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< うつわ選び | main | 皮鯨 >>
nostalgia



こちらは藤澤さんから届いた網目文の小鉢です。

本日オンラインショップにアップいたしました!どうぞよろしくお願いいたします。

フォルムもとても綺麗なのですが、何よりも筆使いが素晴らしいので、ブログでは上から撮ったものを載せてみました!

きっちりと細かく描かれていますが、柔らかな筆致で、本当に美しい・・・網目文は昔からある日本的な文様ですが、こちらはとても透明感のあるモダンな仕上がりになっております。

私も使っておりまして、大きさもちょうどよく、なにを盛り付けてもうまく決まって使いやすいですよ!

「まだ続くの?」と常備菜に家族が飽きてきたころに、この小鉢にちょこっと盛ればあら不思議(笑)。雰囲気が変わるからでしょうか、またお箸がよく伸びています。


さて、実は網目文は私にとってノスタルジーを感じるデザインなのです・・・

福岡県にある祖母の家では土地柄、日常使う食器のほとんどが有田焼で、中でも網目文と唐子文はお皿やお茶碗など、ほんとにたくさんありました。おそらく昔は有田地方から行商の人たちが売りに来ていたのだと思います。

祖母が私の使うお茶碗をいつもちゃんと用意してくれていたことが、今もいい思い出として残っています。おばあちゃんが私の来るのを心待ちにしてくれていたのが嬉しくて・・・とても懐かしいです。

私がこうしてギャラリーをやっているのも、もしかしたらそんな祖母の影響かもしれませんね。


染付網目文小鉢 藤澤重夫 

(直径約10.8cm 高さ約4.6cm 4,200円)


この商品は当店オンラインショップにてご購入いただけます。

「GALLERY掌 オンラインショップ」


商品のお問い合わせは info@gallery-sho.com までお願いいたします。

きっときっと、おばあちゃんのお陰です!
日本酒を注いだら、
おばあちゃんの笑顔が映りそう♪
masseattura | 2012/10/13 01:53
masseattura様

コメントありがとうございます。おばあちゃんのお陰ですかね〜生前はあまり感じなかったのですが。
どんなに突拍子のないことでも、ゆっくり紐を解いていけば必ず誰か(もしくは何か)の影響があるんですよね〜。masseさんも・・・。そのうち新店舗にお邪魔させていただきますね!
GALLERY掌 | 2012/10/13 08:50
COMMENT









Trackback URL
http://blog.gallery-sho.com/trackback/156
TRACKBACK