<< October 2018 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
<< スマートに | main | 湖水釉 >>
バランス

 

 

7月のお話しですが、久しぶりに鈴木大弓さんに会いに信楽へ行ってきました。

 

精力的に個展を開き、またまもなく信楽から伊賀へお引越しされるそうで、大変お忙しそうな鈴木さん...

 

それでも貴重なお時間をくださり、素敵な作品はもちろん、楽しいお話もいろいろ聞かせてくださいました。

 

余談ですが、鈴木さんの現在のお住まいは、当店でお付き合いをさせていただいております大前さんが以前住んでいた家なのであります。

 

築100年以上のとーっても年季の入った建物ですが、私はどうやらこの建物の住人にご縁があるようです。

 

さて、こちらはいただいた作品の中のひとつ、粉引片口皿です。

 

粉引の優しい雰囲気は残しながらも、スッキリとした表情。

 

グリーンがよく映えますよね。片口部分がアクセントになってます。

 

鈴木さんは、信楽焼のような野性味ある作品から繊細で優しい表情の白磁まで...また、装飾性の強い大きな壺からこちらの粉引皿のような日常使いの食器まで、ほんとうに幅広くいろいろなものを作られます。

 

そして、一見かけ離れているような作品たちですが、鈴木さんの中では矛盾なくバランスよく共存している。

 

本当にバランス感覚に優れた方なのです。

 

ですから、鈴木さんが作られたタイプの異なる作品を並べてみても、不協和音は生じません。

 

ひとつひとつの作品の中に、鈴木さんのテクニック(轆轤やっぱり上手いです)とスピリッツが込められていて、男性にも女性にも、ベテランのぐい呑みコレクターの方にも、和食器に興味を持ち始めたばかりの方にも、多くの方にご好評をいただいております。

 

今回もぐい呑みや徳利、食器類や花器など様々な作品をいただきました。

 

少しずつのアップになりますが、どうぞお付き合いください。

 

 

粉引片口皿 鈴木大弓   
(直径約15cm 高さ約4cm 3,888円)



この商品は当店オンラインショップにてご購入いただけます。


「GALLERY掌 オンラインショップ」


商品のお問い合わせは info@gallery-sho.com までお願いいたします。

COMMENT









Trackback URL
http://blog.gallery-sho.com/trackback/334
TRACKBACK