<< January 2010 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
BGM



先述のマイケル・ブーブレ以降、ジャズ熱が再燃!

久しぶりに澤野工房のオンラインショップでCD1枚購入しました。


澤野工房は日本屈指のジャズレーベル。

入手困難になった名盤の復刻や日本ではあまり知られていないアーティストの作品を制作されています。

私が今回入手したのは マリエル・コーマン&ヨス・ヴァン・ビースト・トリオ というオランダ人のトリオ。

とにかくマリエルのVocal が素晴らしい!!

最近はパソコンに向かって黙々と作業することが多いので軽やかで清々しい彼女の声はBGMに最高です!

だんなさまであるヨスのPianoとも息がぴったり。ジャケットもすごくカワイイし・・・

澤野工房のオンラインショップはほとんどの曲が試聴できますし、解説も丁寧でいいですよ。

代表者である澤野由明氏の経営理念も素晴らしいです。


さて、今日はマリエルの美声に背中を押されながらどれだけ作業が進むでしょうか・・・

ガンバリマス!!


「SPEAKING OF LOVE」                   
                Marielle Koeman & Jos Van Beest
Trio
あきささんのこと



あきささんは倉敷在住の漆芸家です。

ギャラリー掌ではその作品をみなさまにご紹介する予定です。


あきささんとの出会いは数年前の暑い夏の日でした。

そのころ私は時間の許す限り各地の窯元やギャラリーを訪ね歩いてました。

その日は「なにかに出会えるかも」という漠然とした期待を胸に倉敷の町へ。

あきささんの漆器を見つけたのは本当に偶然でしたが、手に取った瞬間「これだ!」と。

お椀から鎌倉彫の箱ものまで・・・とてもモダンで「民芸の町 倉敷」にありながら静かに独自の異彩を放ってました。

この椿皿もその時あったもののひとつです。

シンプルで控えめですがあきささんにしか表現できない世界がそこにはあります。

数枚お譲りいただいておりますので、近いうちにご紹介できたらと思っております。


その後あきささんのもとへは数回訪れましたが、いつも新しい作品に「あっ」と言わされます。

常に進化し続ける、とどまることのない漆器たち・・・

さて次はどんな驚きがあるのでしょうか。

いまからワクワクです!


椿皿(6寸)  武内あきさ
届きました



ギャラリーの展示に使うテーブルが届きました!

厳密にいうと数日前に届いてたのですが、本日無事ギャラリースペースへ移動。

これは大正から昭和初期ぐらいに和裁の作業台として使われていたものです。

総栗で指物造り、さすがに重いですがしっかりしていて状態もよいです。

アンティークショップで見つけました。


ギャラリー掌のディスプレイは出来るだけアンティーク家具で揃える予定です。

取り扱う和食器と相性のよいものを頑張って探していく予定です。乞うご期待を!!
michael buble !!



最近音楽についてはあまり新規開拓してなかったのですが・・・

久々のヒット! ここのところ毎日聞いてます。

ジャズだけど全然重たくなく、今日みたいな雨の日には気分が軽やかになりますよ。

超オススメです! 

「it's  time」 michael  buble   
はじめまして



はじめまして 

ブログ「ギャラリー掌(しょう)」へようこそお越しくださいました。

数年前より和食器の魅力にとりつかれ、このたびそれらを扱うギャラリー「GALLERY 掌」をオープンすることになりました。
現在オープンに向けあわただしい毎日を送っております。

こちらのブログでその様子などをお伝えできたらと思っております。
どうぞ末永くよろしくお願いいたします。