<< September 2012 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 >>
八ヶ岳へ



連休を利用して、八ヶ岳へ行ってまいりました。

「きっと涼しいだろうなぁ」と思っていたのですが・・・暑かったデス。

でも、朝のすがすがしさはやっぱり格別!

新鮮な野菜と絞りたての牛乳を存分に堪能いたしました。


さて、八ヶ岳はあの浅川伯教・巧兄弟の故郷なんですよね。

この夏映画化もされましたが(「道〜白磁の人」)、大正時代、お兄さんの伯教氏の後を追って巧氏は朝鮮半島へ渡り、植林事業に関わる傍ら、朝鮮半島の陶磁器や木工品を研究、柳宗悦氏にもとても影響を与えた人です。

特にそれまでまったく評価されていなかった李朝白磁の美しさを見い出し、蒐集と研究を重ねました。

今、私たちが美術館で李朝白磁の壺などを眺めることができるのも、彼がそれらに芸術的な価値を与え、正しく評価する道筋を作ったからだと言えると思います。

残念ながら、映画は見逃してしまったのですが、原作を読みまして・・・巧氏の暖かい人柄に感動しつつ、やきもののことを少しわかったような気になっていた自分が恥ずかしく・・・ホントに。私はまだまだだなぁ。

そして、同時にやきものの世界にこんなに素晴らしい先輩がいたことに安心も。

八ヶ岳の壮大な景色を眺めながらそんなことをぼんやり思いました。

なんとなく、家族に賛同する形で決まった今回の旅行でしたが、行って本当によかった・・・

さぁ、また今日から頑張りますョ!
advance !
 


売り切れになっておりました坂場さんの桃果文皿、再入荷しております。

前回より、シックで大人っぽい仕上がりに。

落ち着いた朱色とブルーの組み合わせがいいですね。

これから出回る秋の果物とも相性が良さそうです。


ギャラリーを始める前の、ファンだったころも含めると、かれこれ10年ぐらい坂場さんの作品を見続けてきましたが、そのとどまることのない進化に毎回ドキッとさせられます。

だいぶ前に、坂場さんへそのことを遠まわしにお伝えしたら「道具も材料も変えてませんが・・・なぜでしょうね」と。

そういう、坂場さんの謙虚なお人柄も作品づくりのいいスパイスになっているんですよね。

中国風のデザインやフォルムと日本の伝統的な技法、坂場さんの技量とセンス・・・いろいろな要素がミックスされ、坂場さん独自の展開がここにあります。

その世界をぜひご堪能ください!


色絵桃果文輪花七寸皿 坂場圭十 

(直径約21cm 高さ約3.4cm 7,350円)

この商品は当店オンラインショップにてご購入いただけます。

「GALLERY掌 オンラインショップ」


商品のお問い合わせは info@gallery-sho.com までお願いいたします
よろしくお願いいたします。
昨日の記事でご紹介いたしました、藤澤重夫さんの唐花文小皿の表記が誤っておりました。

誠に申し訳ございません。

正しい作品名、サイズ、値段に訂正しております。

どうぞよろしくお願いいたします。


商品のお問い合わせは
info@gallery-sho.com までお願いいたします。
初期伊万里



まだまだ暑い日が続きますが、ふとした拍子に秋の気配を感じますね。

朝の風や虫の声・・・

器も涼しげなものから、ちょっと落ち着いた秋らしいものに手が伸びるようになりました。


さて、こちらは藤澤さんの作品です。

この作品の本歌は初期伊万里の小皿なのですが、藤澤さんにお願いして、写真だけを手がかりに作っていただきました。

私がまだギャラリーを始めるずっと前のお話なのですが、気に入ったやきものの写真を夢中になって集めていた時期がありまして、それは単なる私の中だけの自己満足のつもりだったのですが、藤澤さんと出会い、なんだか藤澤さんが受け止めてくださるような気がして・・・形にしてくださるような気がして・・・勇気をふりしぼってお願いしたのでした。

その作品が今私の目の前にある。

まるで夢のようです!

もちろん、ただサイズやデザインを再現したわけではなく、現代の食事情などを考慮し、藤澤さん独自のアイデアがいろいろと織り込められています。

藤澤さんのブログでもそのことに触れられてますので是非ご一読くださいませ。

藤澤さんのブログ
http://lapsang-u.jugem.jp/?day=20120714 

初期伊万里は、決して華やかさや派手さはありませんが、素朴で、かわいらしくて、ちょっと切なくて・・・その魅力を藤澤さんが見事に表現してくださっています。

お電話では、いつも穏やかでシャイな(生意気言ってごめんなさい!)藤澤さんですが、作品を通してまだまだひよっ子の私を「こっちだよ」と導いてくださっているような気がします。

こんな素敵な作品を作っていただいたのですから・・・私も頑張らないといけませんね。

なんとか続いている英語ブログも今月はこちらの作品を取り上げました。

よろしければ、ご一読いただけると嬉しいです。

GALLERY掌の英語ブログ
http://englishblog.gallery-sho.com/



染付唐花文小皿 藤澤重夫 
(直径約9cm 高さ約2.4cm 2,625円)


この商品は当店オンラインショップにてご購入いただけます。

「GALLERY掌 オンラインショップ」


商品のお問い合わせは info@gallery-sho.com までお願いいたします。