<< December 2013 | 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31 >>
おせち料理



あっという間に 今年もあと10日ほどになりましたね。

スーパーではおせち料理用の食材がぼちぼち出始めていて、なんだか気持ちだけが焦ってしまいます。

去年は大みそかに体調を崩してしまい、お雑煮ぐらいしか作れませんでしたので、今年はすべてを手作りというわけにいきませんが、できるだけ頑張ってみようと思っています。

さて、私がおせち作りの参考にしている、有元葉子さんの料理本「有元家のおせち25品」に、こちらのだるま椀が登場しております!

おそらく角さんのお父様の作品だと思いますが、お雑煮用に使われたり、紅白なますを盛り付けたり…幅広く活用されていますョ。


まだまだ年内の発送は充分間に合います!

みなさまのご注文を心よりお待ちしております。


だるま椀(小・黒) 角有伊   

(直径約9.5cm 高さ約7.2cm 21,000円)


この商品は当店オンラインショップにてご購入いただけます。


「GALLERY掌 オンラインショップ」


商品のお問い合わせは info@gallery-sho.com までお願いいたします。
 
再入荷のお知らせ



売り切れになっておりました、坂場さんの牡丹文向付が入荷いたしました。

ご予約およびお問い合わせいただきましたお客様へは、ご案内のメールをお送りしております。

お手数をおかけいたしますが、ご確認をよろしくお願いいたします。

なお、お手元にメールが届いていない場合は、恐れ入りますが
info@gallery-sho.com までご一報いただきますようお願い申し上げます。

 
また、オンラインショップへは、今回入荷分の画像がご用意でき次第アップさせていただきます。

どうぞよろしくお願いいたします。


色絵牡丹文輪花向付 坂場圭十 

(直径約12cm 高さ約4.5cm 4,200円)

商品のお問い合わせは
info@gallery-sho.com までお願いいたします。 
クリスマスにはおくりもの



五味太郎さんの「クリスマスにはおくりもの」

サンタさんへプレゼントをお願いした女の子が、逆にサンタさんにもプレゼントを用意し、プレゼント交換するというユーモラスでかわいいお話です。

女の子が選んだサンタさんへのプレゼントが、これまた気の利いたツボを押さえたものなのですが、この「逆プレゼント」の発想はきっと女の子ならではなのでしょうね〜。リクエストしたものがちゃんと届くかどうかで頭がいっぱいになっているうちの息子クンにはないですから…(笑)。小さな子供でも女の子にはちゃんと「お母さん」の部分があるのですよね。うちの子にもいつも「もーだめじゃない!」とこまごまと世話を焼いてくれるかわいいお姉ちゃんが近所にいるのですが、この絵本に出てくる女の子にそっくりで「この二人、このまま結婚したらいいのにな〜」と思いながらいつも眺めています(気が早すぎますね)。

サンタクロースは謎の存在と思っているお子さんにとっては、ちょっと夢をこわしてしまうお話かもしれませんが、挿絵もとてもキュートで、この時期になると開きたくなるお気に入りの一冊です。
再入荷のお知らせ



ひさしぶりに、水野さんの輪花豆皿が入荷いたしました。

あいかわらず細かいところまで仕事が丁寧で、とてもきれいな仕上がりです!

今回はたくさんいただきましたので、どうぞごゆっくりとご検討くださいませ。


さて、画像のところどころに写っている小さな和菓子は京都の亀末廣さんのものです。

亀末廣さんは私が最も好きな和菓子店でして、ギャラリー掌のビジネスモデルでもあります(私が一方的にそう思っているだけですが)。

デパートなどには出店せず、洋素材にも決して走ったりしない...店主の目がきちんと行き届く規模を守りながら、伝統的な京菓子を作られています。

和菓子の世界がグローバル化を図る中で、亀末廣さんはあえてグローバル化とは無縁を貫いている…いまどき珍しいほどの気骨を感じるお店で、10年ほど前に初釜のお菓子をお願いしたことがあるのですが、無理なお願いにもかかわらず気持ちよく引き受けて下さった、お店の方の爽やかな笑顔が今でも印象に残っています!



白磁楕円輪花小皿 水野克俊 
(縦約6cm 横約8.3cm 高さ約2.3cm 1,260円)


この商品は当店オンラインショップにてご購入いただけます。

「GALLERY掌 オンラインショップ」

http://onlineshop.gallery-sho.com/

商品のお問い合わせなどは info@gallery-sho.com までお願いいたします 。 

 
川口美術さんへ



昨日、京都の川口美術さんで開催中の伊藤明美さんの個展へ行ってきました!

伊藤さんの作品と朝鮮家具(川口美術さんは主に朝鮮家具と韓国の骨董を扱われています)がうまく溶け合い、20周年の記念イベントにふさわしい見事な空間となっていました。

作品のひとつひとつから、伊藤さんがこの個展に向けてどれほどのエネルギーと時間をつぎ込んだのかが、決して押しつけではなく、静かでありながらも力強く伝わってきました。

いろいろと楽しく迷いながら、私はこちらの二点をいただきました。

久しぶりに伊藤さんにもお会いできて嬉しかったです!


伊藤さんの個展は8日(日)までの開催です。

川口美術さんは下鴨神社の鳥居のすぐそばという最高のロケーションですので、この週末に京都へ小旅行されても素敵ですね。ぜひお出かけください!


川口美術さんのHP  
http://web.kyoto-inet.or.jp/people/kawabi/